企業主導型保育園とは?

企業主導型保育園とは?

内閣府が平成28年度より始めた制度で、通常の保育園とは異なる形態の保育園です。
無料の利用契約を結んだ複数の提携企業が共同で利用できる保育園として運営。
認可保育園と同等の保育士の人数配置、安全・衛生面など施設基準。
認可保育園と同等の保育料の設定になっております。

企業主導型保育は、企業のニーズに応じて、保育所の柔軟な設置や運営を助成する制度です。
認可外保育施設になりますが、国から、保育園の運営費用、整備費用の助成金が出ております。

保育事業者である当社に運営を委託することができます。
企業主導型保育園を運営ノウハウがあるので、スムーズです。

企業主導型保育園のポイント

・自治体を通さないで補助金が出ます。
・保護者の多様な働き方に対応
・複数企業の共同設置、地域の子供受け入れ可能
・利用者と施設の直接契約

保護者側のメリット

・就労状況に合わせた託児が可能
・認可保育園と同等の料金設定とサービス
・子供の送り迎えや通勤に便利
・設備や託児環境が一定基準以上

企業のメリット

・就労状況に応じたニーズに対応
・福利厚生に対する社員満足度の向上
・子育て中の優秀な人材の採用
・離職率の低下
・地域貢献につながる
・運営実現のハードルを下げる
・認可施設と同程度の助成が受けられる

保育士のメリット

・給与の待遇に期待できる
・福利厚生がいい
・通勤に便利な職場環境
・新設された保育園が多い
・預かる人数が少ない
・経営が安定している

よくあるご質問

Q.企業主導型保育事業の助成で申請方法を教えてください。
A.「設置企業が直接行う」場合と「運営事業者が代行して行う」場合がありますが、専門的な内容ですので、運営事業者に依頼して行う場合が増えています。

Q.保育園の運営費(委託料)は、いくら位でしょうか?
A.企業様の状況(想定利用者数・施設環境)により違ってきます。運営受託料の見積もりを行いますので、お気軽にご相談下さい。

Q.保育施設を設置する場所がありません。
A.会社の近隣で運営に最適な物件お探しの手伝いをします。

タイトルとURLをコピーしました